iphoneの画面をテレビに映すには


iphoneの画面をテレビに映したい時ってありますよね。
そんな映す方法の手順はこれです。

まず大きく二つの方法があります。
一つ目は有線接続というケーブルで接続する方法と、無線で接続する方法があります。
どちらかというと、設定が楽ですぐにできる有線接続がおすすめですが、パソコンやネットについて詳しい人は無線接続で映す方法もあります。

有線で接続する場合は、まずHDMIケーブル経由でテレビに出力する方法です。
テレビにあるHDMI端子にHDMIケーブルを接続して画面を出力します。HDMI変換アダプタとHDMIケーブルがないと出力できません。しかし、新しくHDMIを買わないで、テレビとレコーダー/ゲーム機の間で使っているものなどで使っても大丈夫です。

有線でつなぐメリットはテレビにすぐ映すことができるということです。ケーブルを接続するだけでiPhoneの画面を出力できるので出先でもセットアップが簡単です。また、無線で映すのと違って利用するアプリをインストールしなくてもすみます。
その反面、有線だとテレビと視聴位置が離れている時は十分な長さのHDMIケーブルを用意しないといけません。また、iPhoneの画面を回転させると、テレビに映っている画面も同じように回転します。なの必要に応じて、画面が回転しないように設定しなければいけないことがデメリットとなります。

無線でテレビに映すときはAppleTVを使って接続するか、社外の無線接続機器を使って接続する方法があります。どちらとでもテレビに映すことができますが、社外の無線接続機器よりもAppleTVを使うほうが設定が簡単で安定しています。トラブルも少ないです。
ですが、ネットワークの環境の状態によって、画質が落ちたり遅延してしまったりします。

またほかにも、アプリを使ってテレビを接続することもできますが、あまりお勧めしません。
テレビに接続するときは、できるのであれば有線でケーブルを使って接続し、必ず無線でないといけないというときは、AppleTVを使うのをおすすめします。
アイフォンに使えるwifiレンタルはこちら
おすすめはiphone修理は京都のアイスマイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です