海外に行くならwifiレンタルを賢く使おう


今やwifiという言葉を聞かない日はありません。自宅で、会社で、外出先で、スマートフォンやPCをwifiに接続してインターネットを利用する方も多いことでしょう。
では「wifiレンタル」をご存知でしょうか?wfiレンタルは、持ち運びできるモバイルwifiルーターを貸し出してくれるサービスのこと。貸し出されたルータを持ち運ぶことで、どこでも簡単にwifiに接続することができる、主に海外に旅行や出張をする方向けのサービスとなります。
海外でスマートフォンの通信機能を使用すると、携帯会社によりますが非常に料金が高くなってしまいます。また日本国内であれば見つけやすいwifiスポットですが、海外で簡単に見つけられるとは限りません。さらに海外のwifiスポットはセキュリティ面でも脆弱なことが多々あり、安全面でも不安が残ります。
そんな方でも、国内でwifiルーターをレンタルし、海外に持っていくことで、比較的安価にまた安全にインターネットを利用することができます。海外でもスマートフォンの料金や安全性を気にすることなくインターネットが使えるのは嬉しいですね。
デメリットとしては、常にwifiルーターを持ち運ぶ必要があること、また一日の通信量に制限がある場合が多いことです。前者についてはwifiルーターから一定距離内にいないと接続が切れてしまいます。またルーターを紛失した場合、別途料金が発生することもあるので注意しなくてはなりません。また後者については、例えば友達と一緒に使用している場合など、特に注意が必要です。午前中のうちに使い過ぎてしまって、午後には通信できなくなっていた・・・なんてこともあり得ます。
wifiレンタルは海外でも手軽に安全にwifi接続ができる便利なサービスです。現在では手続きもweb上で完結し、ルーターも宅配便等で受取・返却ができます。様々な会社が提供していますので、料金や通信量などを比較して上手に利用しましょう。

iphoneアプリ特有のメリットについて


様々な種類のiphoneアプリがappleストアで配信されています。無料の物と有料の物がありますので気を付けましょう。
パソコンソフト以上にバラエティーが豊富です。多種多様なアプリが配信されていますが、すべてappleが認可した安全な物ばかりです。
他社のストアの場合、良いも悪いも認可が緩く、不健全なコンテンツを含む製品が登録されていたりウイルスが入った製品などが配信されており、あまり迂闊にインストールすることは出来ません。

apple系のタブレットやスマートフォンは天下のappleが厳密に時間と労力をかけて審査をしているため、無料で配布されている知名度が低いアプリケーションでも安心してインストール可能です。子ども達にスマートフォンやタブレットを買い与えたいけれど、アダルトなゲームや犯罪や薬物などの情報に触れてしまうのは嫌だ、こんな人々はipadやiphoneにすれば健全な情報しか得られませんので保護者の立場として安心安全です。

iphoneアプリは公式ストアからしかインストール出来ない仕組みですので、ちょっとパソコンやゲームに詳しい小学生でも、勝手に不健全な製品を個別で買ったり、友達からもらう事は出来ません。スマートフォンやタブレットで話題のゲームを、下ネタや暴力的な表現があるゲームは避けたい、そんな女性ユーザーにもiphoneアプリはオススメです。

iphoneアプリの中には1000円から500円程度で販売される有料版があります。人気のゲームアプリや便利な機能を沢山詰め込んだ高機能な製品は有料ですが、それに見合う価値があると思ったらさっそく購入しましょう。ダウンロード購入という形になりますので、現物のソフトのパッケージは自宅に届きません。いわゆるソフトウェアの利用権を買い取る形式です。

一度ダウンロード購入をすれば、そのapple IDを使い続ければ半永久的に使えます。iphoneアプリを端末から削除しても、再び自分用のクラウドから再ダウンロードが出来ますので、容量の関係で頻繁に消したり再び追加したりと、かなり便利です。